PLANETEに戻る

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Digital Divide

数ヶ月前にSKから「紙芝居屋になりました」というメイルが入っていた。私はメイルにも必ず返事を返すのだが、SKに関しては、もう10年ほど前からCommunicationは困難だと、それを忘れてはいけないと心していたので、返事は書かなかった。第一「紙芝居屋になりました」に対して、どう返事をしてよいやら分からなかった。
2005年9月14日 そのほかの日々(2) 
SKに関する私の最後の記事だ。
・・・・・・・・・・・・・

「Bちゃんは電話嫌いだから、どうしようか迷ったけど、見てもらいたいからやっぱり電話した。僕ね、紙芝居屋になったんだけど、今You Tubeに出てる。紙芝居屋さんで見れるよ。You Tube知ってるでしょ?」
「紙芝居屋さんで見るのね」
「違った。ビデオ屋さんで、見れる。僕が出てるんだ」
ここで昔のSKと同じの大笑い。嬉しいのだろうか。
これは先の連休中にSKからかかってきた電話だ。
「見てみる。でもビデオ屋さんで、入れてもゴマンとでてくる。他に何かキーワードは?」
「ビデオ屋さんでいい。それで、出るよ。ただし、You Tubeは英語しか駄目だから、英語でね。英語でビデオ屋さんと入れないと出てこない。わかった?」
「You Tubeは日本の動画は日本語で調べないと出てこないけど」
「いや、英語で、ビデオ屋さん。それで出る。皆もそれで見れるって言ってたし。英語で、ビデオ屋さん、これで必ず僕のが出るから」
「分かった、早速みてみるわね」
SKがまた楽しそうに嬉しそうに不自然に大声で笑っている。でも私はそれだけ言って一方的に電話を切った。これ以上話しても会話が通じなくてショックを受けるだけだ。もうそれはご免だ。痛々しく感じてしまう。
でも切った後で思った。倒産や離婚や手術やらを乗り越えて元気でYou Tubeに出ているところを、どうしても私に見せたいSKの気持ちがわからないでもない。SKの感覚では、紙芝居屋さんでYou Tubeに出ていることは、言ってみれば、舞台に上がってセリフを言っている劇団員の感覚なのだろう、つまりは晴れ舞台。あんなに嬉しそうに笑っていたではないか。私は出ないと分かってはいたが、ビデオ屋さんを英語に直してYou Tubeの検索をした。そして、やはりまたしても最後は自分自身で馬鹿馬鹿しくなってしまった。
SKの話が、もたもたして一向にまとまりがないと気づいてから、考えてみれば10年以上になる。それにしては、ちゃんと紙芝居屋さんをしているのだから、世間的には「おかしい」とは決して思われてはいないのだ。私の考えすぎかもしれない。私が何か自分で方法を考えて、You Tubeを見ればいい、だけの話だ。つまりは後は、私の方の自己責任。
それっきりそのことは忘れてしまったが、翌朝目覚めてフト気づいた。(心に自己責任の文字がちらついておそらく無意識にずっと考えていたのだろう)わかった!昔の田舎の年寄りなどはローマ字、つまりアルファベットを英語と言っていた。SKはYou Tubeは英語で入れないと出ないと、断言していた。SKはアドレスのことを言っているのだ!そして同時にアドレスと検索キーワードを混同しているのだ。アドレスを英語で入れると、「ビデオ屋さん」というタイトルで彼のYou Tubeが動き出すのだろう。ようやくモヤモヤが晴れた気がした。しかしSKはそこまでアホか?ちょっといくらなんでも失礼ではないか?いや、これがDigital Divideなのだろう。アホと言うわけではない。
そう言えば、昔からの友人のHMも、ネット・カッフェとパチンコ屋をほとんど同一視して話すではないか?YSだって、インターネット=ビデオ・ゲイムとしてしか認識できていないではないか。インターネット=ブログとして捉えている人も大勢いる。ショックを受けるべきではない。ちょっとしたDigital Divideの一例に過ぎないと考えよう。

ただSKがまだ頭の回転もよく皆を大笑いさせていた頃、どうもスペインとイタリアの区別が出来ていないのではないかとその口ぶりから気づいて、それとなく確認したことがある。やっぱりその時その時点ではSKの頭の中ではスペインとイタリアは区別されていなかった。そんなことがあったっけ。そういえばTTだって、イランとイラクの区別が分からなかったし、昨日読んだ今月号の「正論」では、あの中谷厳大先生が、その著作にルーズベルトが戦後も政権を担っていたと言う風に書いてある、という指摘があった。今朝のTVでは司会の関口宏が、金正日にだけ敬語を使っていたし。日常生活においては、Digital Divide以前に、知の確認など一切されずに、ほとんどあらゆる会話は発言は、なされているのだと、そしてその事態をそのまま受け入れた方が、もはやマナーに合っているのかも知れない。それに論理性や事実確認の前提などを全く無視して「××じゃないですか」と一方的思いの強権的押し付けが、TVやラジオ、また現実生活のここかしこに、溢れている。「かもしれない、じゃなく、それこそがマナーじゃないですか」と叱り飛ばされそうなので、この辺で止めて置く。
スポンサーサイト

Gentlemanと執事 (2)

日曜日見知らぬ高齢者の来客が私にあった。私はまだ20歳かその辺りで、身分はこの家の子供に過ぎない。母も兄も知らん顔なので、私一人で対応する。
「Bruxellesさんですか。私は長次氏の執事をしておりました○○と申します」
そう言えば○○氏の名前で数ヶ月前、長次氏死亡の連絡を受けていた。だから別に長次氏からの伝言があるわけでも何でもない。
長次氏と執事氏と私の祖父たちは、西洋の当時の現代詩を翻訳する趣味の会を楽しんでいたらしく、革張りの一見書籍のような手帖を渡された。万年筆で日本語に訳された現代詩がぎっしりと書かれている。
「これは祖父の字ですか?」
「いいえ。ただ長次氏の形見として...」
執事氏は自分の息子は名古屋でパイロットの教官をしている、と言った。その関係で長次氏所有の広大な土地は全日空に飛行場として売却し、財産処分は既に完了したと話した。年齢から言うと何年も前に退職した人のようにも思えるのだけれど、老執事というのはよく存在する。この人が一生独身だった長次氏の最後を唯一人で看取ったのだろうか?私には何もわからない。初対面の執事氏も私が祖母の孫だという以外、私に関しては何の情報もない筈だし、ただ誰かに長次氏と自分のことを話したかったのかも知れない。執事氏は私に私や家族のことを何か質問することも一切なかった。祖母に関しても。
この時私の記憶に残ったことはたった二つ。ひとつは、執事という職業の人物を初めて間じかに見たこと。後に見たカズオ・イシグロの「日に名残り」に出てくる執事長の雰囲気によく似て、教養も誇りも高そうな人物だったこと。もうひとつは、母や兄が私の来客を一切無視して、顔も出さなければお茶も出さなかったこと。結局執事氏は玄関の板の間に腰を下ろしただけで、その訪問意図も曖昧なまま帰っていった。母や兄にしてみれば赤の他人だ、という意識なのだろうか、私にはどうも理解しかねる部分だ。10年前、父の葬儀の日、Gentlemanの出で立ちで出現した長次氏と言葉を交わしたのは、葬式のドサクサもあって、祖母と私だけだった。母や兄の意識の中には、従って長次氏もましてやその執事氏も、リアルには存在し得ないのかもしれない。
私が祖母の危篤を知らせた時、長次氏はすでに病床にあった。そしてちょうど祖母の死の半年後に後を追うように生涯独身のまま(あの執事氏に看取られて)この世を去られた。それだけでも、祖母の人生の最終章にまるで赤い薔薇の花束を献花するような、充分にロマンチックな物語ではないか。

//////////////////////////////

カズオ・イシグロの「日の名残り」に関して、Reviewをあたってみた。自己を押さえた究極の恋愛などという感想が多かったが、私は感動すべき恋愛要素を全く見出すことが出来なかった。そして他の人たちとは全く別のところで、強い印象を受けた。それは第一次世界大戦後の過酷過ぎるドイツへの対応に疑問をもち、ドイツ救済のために行動しようとしていたイギリス貴族達が実際に存在していたことに対する感動であった。彼らは後にナチ容認派だったとして没落していくのであるが、ひどい運命の悪戯である。私は彼らにこそ真の貴族性を見た思いがした。
後に第二次世界大戦の研究をするようになって、もう一度彼らの存在に突き当たった。ルドルフ・へスが単独で飛行機を操縦し、英独和平交渉に臨む歴史的事件があるのだが、やはりイギリス側にもルドルフ・ヘスを待ち受ける英独和平熱望派が存在した事実があったということを、この映画は示唆するということだ。ルドルフ・ヘスにしても当然ある程度の前ふりがあってこその賭けだったのだ。
参照:Tel Quel Japon : Rudolf Hessの和平交渉 :
この時期イギリスがRudolf Hessの休戦交渉に応じていたら、その後の世界史は大きく変っただろうと思われる。
///////////////////////////////

追記:2010年5月9日
Gentlemanと執事 (1)

«  | HOME |  »

2010-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Bruxelles

Bruxelles

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。