PLANETEに戻る

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近所の図書館で

近所の図書館をうろついていたら、昔の文学仲間の単行本が目に入った。2011年9月1日編集工房ノア発行「その日の久坂葉子」。今別のblogで「ニコンの慰安婦写真展覧会」の命令と抗告と棄却について書いている最中なのだが、なんとその本の中に『従軍慰安婦「故郷の春」覚書』という項目があり吃驚した。昭和62年初出の文章に3年前と書いてあるから昭和59年(1984年)の出来事だろう。東京からプロデューサーと舞台女優がやってきて彼女に「従軍慰安婦」をテーマに脚本を書いて欲しいという依頼が来たという。公演は8月、場所は下北沢駅前劇場。ひどく体を壊してペンが握れず、知人に紹介された脚本家に代わってもらったが、日数の関係で劇団とも不本意なトラブルとなり結局上演されなかったらしい。そういう前フリがあって、その時の「覚書」が掲載されていた。参考資料として「天皇の軍隊と朝鮮人慰安婦」(金一勉著)と「従軍慰安婦」(千田夏光著)が挙げられている。つまりこの2冊を資料として「覚書」まで書いたということなのだが、この話はボツになって良かったと思う。従軍慰安婦を他人が書いた本でしか知らない者が脚本など書くべきではない。特に政治がらみの問題は、事実検証の必要もあるし、一生ついてまわるので、脚本家あるいは作家としての立ち位置も固定され、自由もなくしてしまう危険がある。勿論信念を持って自らの主張を貫くなら話は別であるが、1冊や2冊の読書でストーリをでっち上げてはアイリス・チャンの二の舞である。
図書館でこの本を手にしたときはかなりショックだったが、今日読むと結局没になった話だということで、安心した。彼女は文学者に多い昔からの共産主義者であったが「ひどく体を壊してペンが握れなかった」のは、戦争を体験した日本人としての、かつペンを握る書き手としての、本能的良心ではなかったかと思う。

参照;清水一憲 矛盾する吉見理論の正体

伝言:「久坂葉子」も面白かったけれど、やはり神戸三宮の「MAKO」の雰囲気が楽しめた一冊でした。「臨死期に至った思いが深くなった」という柏木さん、弱音を吐かずに神戸三宮の仲間たちとその時代を、あなたのペンで切り取って、証言していってください。これからもお元気で。
スポンサーサイト

冷蔵庫を買う

丸3年冷蔵庫のない夏を過ごした。冷蔵庫の無いことが体操の仲間たちにいつの間にか知れ渡ってしまった。先月の初め、何人かに取り囲まれて「冷蔵庫を買いなさい」のリンチ?を受けた。何故買わないかと理由を聞かれ「音がうるさい」と言ったら「いまどきの冷蔵庫は音なんかしない」と。「小さな冷蔵庫なら、値段もいくらもしない」「買い物に行く回数が減る」「冷蔵庫のない生活なんて、考えられない」「いいから早く買いなさい」...言わせておけば言いたい放題である。こういうことのあと、言うことを聞かないと、ハラスメントはエスカレートするのだろう。自分が正しいと確信し親切のつもりだから、従うのが最高の選択となる。
冷蔵庫が便利なのはよくわかる。しかし、やはりあのモーター音が嫌なのだ。それと、市場やスーパー、食堂、レストランが近所にいくらでもある。散歩にもならない距離で、ほとんどすべての買い物は完了する。食べるだけ買い、食べるだけつくれば、食べ物を腐らせることもない。節電にもなる。冷たい飲み物は裏の薬局に行けば、いつでも飲める、あそこを自分の冷蔵庫だと思えばよい。それくらいの距離だ。しかしあの日から、そういうわけにもいかなくなった。
近所の家にお邪魔した時、冷蔵庫をそれとなく見るようになった。たしかに音がしない。音がしなければ、前から買うつもりだった。あちこち見たがみんな音がしない。それで買うことに決めた。裏の薬局が突然つぶれたのも動機の一つだ。
友達のKが難波のyamada電気に付き合ってくれるという。彼女は去年家に来た時、あまりに熱くて、冷えた飲み物もなく、文句たらたらで帰った経験があるので、彼女も「冷蔵庫を買え」派のひとりである。最近は家電を買うにも知識がいる。いろいろ質問する。私は慎重派なので、パッパとは決断しない。ついてきたKがイライラする。「早く決めろ」と言う。私はモーター音にこだわっていたのだ。ひとり暮らしなので、昔使っていた物よりも小さな、137Lの冷蔵庫を買うことにした。
翌日配達されてきた。五月蠅いではないか!これでは、楽しい朝食は望めない。しかも熱い。メーカーの人が来たので、交渉して結局買い替えることにした。Kと待ち合わせて再び難波まで出かける。
その前にいろいろ調べてみた。そしてyamada電気でもまたいろいろ質問して確認した。こういうことだ。近所の家の冷蔵庫がみんな静音だったのは、巨大だったからだ。つまり冷蔵庫は巨大なものでなければ、音はうるさい。14デシベルが最も静音なのだが、14デシベルを探すと、巨大なものに限定される。エコ節電対策も巨大なものが、一番効率がいい、電気代はむしろ安い。騒音と節電を考えると、巨大なものを買うしかない。但し、お値段は倍になる。思案のしどころである。先にも書いたように、スーパーや市場が近所にたくさんあるので、大きな冷蔵庫の必要はない。Kは冷凍食品を買いだめすればいい、と言ったが、私は冷凍食品を解凍して食べる趣味はない。ただ静かで節電機能をもつものは400Lを超えるものしかない。前の冷蔵庫は137Lで23デシベルだった。予算を考えに入れると、自ずから妥協の必要が出てくるだけで、選択の余地はない。結局335L,167.8cm,18デシベルの冷蔵庫を、前回とは倍以上の金額で買うことになった。翌日配達されてきた。確かに少し騒音は軽減している、5デシベル分だ。我慢は出来ないことはない。しかし皆さんの家の冷蔵庫のように、静かではない。それに横面と上面からの放熱も部屋の温度を上げてしまう。これで手を打ったのだから仕方がない。
今回の最大の発見は、ひとり暮らしであろうと、二人暮らしであろうと、最近の日本のそう広くはない家庭にある平均的冷蔵庫は、そのほとんどが巨大だということだ。友人・知人に電話して聞いてもみたが、例外なく520Lから620Lくらいの巨大な冷蔵庫をお持ちだ。冷蔵庫は長く使うものだから、お値段云々よりも、節電を考えると、そういう結果に行き着いたのだろう。節電節電、エコエコと大騒ぎさせて、メーカーの巨大冷蔵庫販売作戦が勝利した結果だろう。あるいは高齢化で足腰が弱った結果、なるべく買い物に行きたくないという深層心理が芽生え、狭い日本の台所に巨大冷蔵庫を次々と設置させているのかもしれない

«  | HOME |  »

2012-07

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Bruxelles

Bruxelles

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。