PLANETEに戻る

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森林大学:森林ボランティア

森林ボランティアで知り合った千野さんから年賀状が来た。「再び山への思いが熱くなり、昨年はよく山に登りました。森林ボランティア参加はゼロでした」と書いてある。後ろを見て驚いた。カムチャッカ半島、アバチャ山、7月と写真の上に印字されている。私にはヒマラヤか八甲田山か月の裏側かよくわからないが、人間の生を完全に拒絶しているまるで異空間だ。こういったアネクメーネの極限で、生物としての人間の能力が問われるのだろう。厳しい環境の中でなんとか生き抜いてきた人類としての遠い昔の記憶が蘇るのかもしれない。精神も肉体も極限までそのあり方を問い詰められるのだろう。

6年前、日本森林ボランティア協会主催の「森林大学講座」に参加した。定員30名。私たちは9期生。
森林の成り立ちと林業経営、森林の保全、道具の手入れと使い方、動植物の生活観察とその環境保全、山での危険のあれこれと応急処置法、ネイチャークラフト、野外ゲイム、グループ活動の企画・立案、山の所有者や現地コミュニティーとの人的交流、自然の中での共同生活、・・・思い出してもたくさん学んだものだと思う。
千野さんと親しくなったのは、この日本ボランティア協会が所有する鳥取県の広大な山中での実技合宿の時だ。山に入るとあちこちにまだ、鳥取地震の爪あとが残っていた。
樹木を切り倒して、さらに丸太を小さく切る。炭を焼き、クラフトをつくり野外料理を、土を掘り火を起こすところから完成させ、全員で部屋の掃除をし、日の出を拝みに懐中電灯をもって「うさぎまっか」の山頂に登り、・・・、そのほとんどすべてに何の経験もない私は、心臓が目を回しているような状態だった。ガバガバとお薬を飲み、マイナス2度の暗闇に飛び出したまではよかったが、5分もしないうちに先頭から大幅に遅れる。ジェントルマンの荒木さんが最後尾についてくださった。皆平然としているのに、私はすでにマッカッカ。まずコートを脱いで荒木さんに持っていただく。次にセーターを一枚脱ぐ。汗だくなのだ。マフラーをはずす。さらに一枚セーターを脱ぐ。
「下着までは脱がないでくださいよ」と荒木さんがおっしゃったが、本当は皮膚まで脱ぎたいほどの発汗なのだ。フーフーハーハーはもうとっくに通り越している。
誰一人、コートを脱いでいないのだから、誰の目にも私の姿は異様に映ったことだろう。
「うさぎまっか」の山頂には、確かに真っ赤な太陽が昇ってきた。

宿舎に到着した日にまずしたことは、布団干しと部屋の掃除。カメムシかヒッツキムシか、クサムシかコガネムシかなんだかよく知らないが、部屋の中は、聖書にあるイナゴのように、ここかしこ、虫と虫のフンだらけだった。ゾゾゾッーとする。
若い男性も女性も、窯を造って煙突を取り付けて、一晩中野外にテントを張って、炭を焼いていた。
私が張り切ったのは、間伐と枝打ち。千野さんとペアーを組んで、ノコギリでゴシゴシと。千野さんとは最初からすっかり気があって、周りの人から漫才コンビと言われた。掛け合いが即「漫才」になってしまうのだ。千野さんがまじめな顔で言った。
千野「私、どんな深刻な状況にいても、深く悩んでいても、笑いを取ろうとおどけてしまう自分がいるの」
B「なんだか、わかる気がする。サービス精神が過剰なのよね、きっと、私たち」

9期生の中には、毎年ウランバートルでの文化交流の滞在を続けている人、過疎地で毎週農作業ボランティアをする人、地元で森林ボランティアとしてすでに長年の経験を積んでいる人、緑のトラスト協会で活発なエコ活動を展開している人など等が多く、本格登山から転身しようとする千野さんは、100%完全に場違いな私に、ひょっとしたら一番近かったのかも知れない。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://someotherdays2.blog8.fc2.com/tb.php/103-27d6ef58

«  | HOME |  »

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Bruxelles

Bruxelles

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。