PLANETEに戻る

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人異国に来た頃(1)

Au Printempsだったか、Parisのデパートに初めて布を買いに行った。シーツ代わりにするためだ。いかにもラテン系のおじさんがどこからともなく出てきて接客する。
「これにしますか。はいはい」
私がこれにすると言ったのに、おじさんはその布を私の手から取り上げて「ついておいで」と言う。そしてここに並んでお金を支払えと言う。布はおじさんがどこかへ持っていってしまった。レジでお金を支払ったのにレシートしかくれない。現物はおじさんが持ち逃げした。ペテンにあったと一瞬思った。おじさんはデパートとは何の関係もない人だったのだと。
「こんなレシートではなく、現物が欲しいんですけど」
と言うと、レジ係らしき人は、あっちに並べと言う。
騙されたのではなく、それがParisのデパートの販売システムだと気づくまでに数分を要した。気分の悪さは数時間残った。

街角の公衆電話からサビーヌに電話しようとダイヤルを回した。うまくつながらない。何台目かの公衆電話で(つまり今までの数台は壊れていた)ようやく繋がった。「もしもし」と向こうの声がする。男の声だ。サビーヌのお兄さんだと直感した。
「Bruxellesですけど、サビーヌは在宅ですか?」とか、いろいろ言っているのに、応答がなくしばらくすると切れた。ムッとする。もう一度かけ直す。また同じ。声は優しい親切な声だ。いきなり電話を切る人の声ではない。おかしい。もう一度かけ直す。その頃、ひょっとしたら、こちらから相手の声は聞こえるが、相手にはこちらの声が聞こえないのではないかと、ふと思った。もう一度かけ直す。また同じだ。その時お兄さんがこう言った。
「ひょっとしてBruxellesかい?Bruxellesだったらよく聞くんだよ。ボタンを押すんだ。ボタンを押さないと繋がらないんだよ!」
サビーヌのお兄さん、どうしてBruxellesだとわかったのだろう。電話のかけ方を知らない人・・つまりBruxellesだろうと連想が働いたに違いない。

私はベルギーのモンスからParisの東駅に列車で到着した。その列車の中で、ベルギー人のカトリーヌと知り合い、東駅で「さよなら」をした後、振り返り「自宅の電話番号教えて」と言った。カトリーヌは印象に強く残るほど魅力的な子で、女優になるために、Parisに学校と部屋を探しにいくと言っていた。お父さんは医者。故郷はのどかな過疎の山村だとも言っていた。
盗難にあったTCのリファンドが、すったもんだの末ようやく全額なされたので、ほっとした気分もあり、カトリーヌに電話することにした。
長距離なので迷わず郵便局に行く。2階のカウンターで、相手の番号を伝えると、繋がった時点で、ズラリと並んでいる電話BOXの、何番目に行けという指示が出る。
電話BOXに入り受話器をとる。カトリーヌのお母さんが出た。
「カトリーヌはParisにいます」
「電話番号教えていただけますか」
「○○、××、?? ○○、××、??」
さっぱりわからない。米国と同じで数字をひとつひとつ読み上げてくれると思っていたのに、意表をついて早口で、2桁づつ番号を言う。
「待って待って、もっとゆっくりお願いします」を何度も言わなければならなかった。

盗難のために、予想もしない展開となり、高級住宅街の屋根裏部屋に住みつくことになった。毎夜星空を見ながら、輝く月を見ながら眠る幸運を手に入れたのはいいが、お風呂がない。突き当りの部屋にいるYOUに聞くと、Parisの風呂屋を教えてくれた。大半が個室だ。シャワーだけの個室にした。
ある時YOUが言った。
「君、クレヨンで絵に描いた顔みたいに、あごの下に、顔の輪郭の黒い線があるよ」
なんのことはない、シャワーばっかりだったので、顎の下が全く洗えていなかったのだ!!  (つづく)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://someotherdays2.blog8.fc2.com/tb.php/107-70e95311

«  | HOME |  »

2017-11

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Bruxelles

Bruxelles

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。