PLANETEに戻る

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽田を発つ前に

最近早起きの練習をしている。そのせいか先週の日曜日は夜9時半からラジオを手にすでにウトウト。はっと目を開けると懐かしい声が聞こえてきた。何時だろう?
.......

南回りのオープンの切符を持っていた。空港に行く前に昭和女子大に向かう。ここは数日前Barbaraが公演をした人見記念講堂がある筈だ。
すでに原稿は出版社の手に渡っている。在仏中にそれは出版されることになっている。別の出版社から連作が一気に出ること、しかもある賞の受賞も決まっていたが、オイルショック、紙の高騰で流れた。出版社と打ち合わせも数回したし、ある程度のレイアウトも決まっていたのだが。
でも私の連作の一部が昭和史の証言という3冊セット本の第一巻の中に掲載されることが直前に決まった。昭和史の中の戦後という時代を生きた青春の記録のひとつとして。

B「ここが先生のお部屋ですか」
O「女子大はね、こんなことをするんだよ」
ドアのすりガラスの真ん中が丸く透明で、部屋の中が丸見えなのだ。立教大の大場助教授事件のせいだろうか。
そこへ女子大生達が2,3人、軽井沢のお土産を持って、部屋に入ってきた。
O「この人はね、素晴らしい作品を書く人だよ。Bruxellesさんです」
O先生が御自分の学生達に私をそう紹介してくださってビックリ。女子大生達は私を熱い憧れの瞳で見つめる。
O「今から単身Parisに出発する、その挨拶に来られたんだよ。もうすぐ作品が出版される。君達もこの人からいろいろ学びなさい」
女子大生達の瞳の熱気がさらに上昇する。

O「このまままっすぐ、羽田に行くのかい?」
B「はい。いい取材をしてきます。何もかも未定ですけどね。」
O先生は、校門より少し外、歩道橋の近くまで見送って下さった。

羽田に着いたら、搭乗口のドアが閉まって飛行機が動きかけていた。ドッと冷や汗が出る。大声を出しドアをたたいた。
これからBruxellesまで、砂漠の上を飛んで、30数時間もかかるのだ。

仕事、人間関係、やりかけていたこと、すべてにピリオドを打ってX軸もY軸もゼロの心境だった。もう関係は破綻していたけれど、それでも前日Gribouilleに会いに行った。
G「これを持って行きなよ」
Gは引き出しから、ある物を取り出し、それをくれた。
B「要らない」 G「要るかもしれない」
B「必要ない」 G「必要があるかもしれない」
Gが何故引き出しに、こんなものを持っていたのだろうか?何かの冗談に違いない。

夕方、まず香港に着いた。長い旅が始まる。
...............

明日24日の日曜日、NHKラジオ第2放送で午後10時20分から11時まで、先週の続きの放送がある。タイトルは「私の日本語辞典ー花と言葉の文化史(4)」
その放送に「帰ろう愛の天使達」を、社会思想社刊、昭和史の証言(青春の記録ー1)の中に編纂して下さった文芸評論家、小川和佑氏が出演される。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://someotherdays2.blog8.fc2.com/tb.php/108-1d0a5e34

«  | HOME |  »

2017-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Bruxelles

Bruxelles

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。