PLANETEに戻る

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHKの勧誘員 阿漕な回線切断と難癖商法

数日前物凄く激怒した。激怒は死ぬほど身体に悪い。
癌が再発したのは、本当にあのNHKの勧誘員のせいかもしれない。
・・・・・・・
前日近所の人から「留守中にNHKから人が来てましたよ」と連絡をうけた。
「用件をお伝えしましょうか、と言ったのに、渡すものがあるからまた来ます」とその人は言った、という話だった。
すぐにわかった。何度も来ているからだ。毎回同じことを言う。「留守なのに電気がちかちかしている」と今回も言ったらしい。
「TVを見ているのではないか」と、前も同じことを言ったのだ。真っ暗で留守を装っているけれど、こっそりTVを見ているのではないかと。それで、前回も怒って「家に上がって、どうぞ気の済むまで見てください」と言ったのだが、家には絶対に上がらない。当然だ。そもそも「こっそりTVを見ているのではないか」といういちゃもんをつけてその前提で話を切り出してくる。どういう神経だろう。しかも何回繰り返し来たら気が済むのか。今度来たら、引っ張り上げても「家の中を見させてやろう、気の済むまで」と思った。

翌日来た。「昨日も来たけれど、留守だったのでまた来ました」いきなり、二回も来てやったのだぞ、という態度だ。
何の御用ですか?といえば、「契約書を持ってきました」 NHKはどういう教育をしているのだろう。契約もしていない人の家に勝手にやってきて「昨日も来ました」「契約書をお届けに来ました」-その口調、その教育そのものが詐欺だ。そして契約書を取り出す、書けといって差し出す。「NHKとは何の契約もしていませんが」といったら、やおら「TVの視聴契約をする必要があるのです。説明します」

「昨日来た時も電気がちかちか、とか言って帰ったそうですが、そんなに疑ってかかるなら、どうぞ家に上がって気の済むまで見てください」と腕を引っ張って「どうぞ、どうぞ」と言った。「いえ、上がりません」と抵抗をする。
「放送受信契約終了の手続きも済ませていますし、NHKからも契約終了確認連絡も来ています。何しに何回も来てるんですか。TVを置いているか知りたいなら、どうぞ上がってみてください。そして2度と来ないでください。」と強い口調で言ったら、「けんか売るんですか」と突然言いがかりをつけ始めた。「腕をひっぱった」と、言いがかりをつけて、挙句に「自分のプライドが傷ついた。どうしてくれる」と逆襲してきた。(契約もしていない人の家に、契約書を持ってきて、契約しろ)という、そんな仕事にプライドも何もあるまいに、と思うのだが、勧誘員は逆襲することによって、自分の立場を優位に立たせた。そして怒っている私に、凄み始めた。それにしてもこの人に何のプライドがあるのだろう。

「NHKはね、契約解除したあとで、やってきて勝手に回線まで切っていったのですよ。TVはもとより、VHSもDVDも見れなくなって、それ以来シャーという白い画面さえ出ません。これどうしてくれるんですか」
「NHKがしたのですか」「勝手に黙って切断していたので、誰ですかと、家から外に出て聞きましたよ。NHKだといいましたよ。ソコまでしておいて、記録も無いのですか?」「NHKはそんなことしません。他でしょう」「ほかがNHKの回線を切るわけがないでしょう」「そしたらNHKを訴えればいい。訴えるべきです」「そんな暇なこと出来ますか?その時にNHKに電話で強く抗議しましたよ、わざわざ。その記録がある筈ですよ。」「僕だったら訴えます」「NHKの人なら、回線見れば切れているのがわかるでしょう。切っておいて切れている家に何度も来て、電気がちかちか、っておかしいじゃないですか?回線みてくださいよ」「僕はどれがNHKの回線かまでわかりません」「NHKのひとじゃないんですか?」
この勧誘員は自分が客に怒られた被害者のつもりなのだ。
心底怒ったのでこっちが疲れてきた。「あなたお名刺ください」「名刺は今日はもっていません」
首からかけたプラスチックのNHKカードのようなものを見せる。「場所はハルカス8階です」「電話番号をメモさせてください。あとで投書します」そして家の中に入ってメモをした。玄関に戻っていったら「名刺ようやく見つかりました」と差し出してきた。
名刺を要求されたら、当然見せる義務があると、教育されているはずだ。名刺を差し出した辺りから、何故か急に態度が変わって、いちゃもんを急に引き上げてそそくさと帰ろうとする。ようやく我に返ったのだろう。あるいは「投書します」が効いたのか。
「回線の件、人に損害を与えているのだから、課長、部長、社長に言っておいてくださいよ。それに回線切っておいて、テレビがちかちかするわけが無いのだから、もう二度と来ないようにね。」

NHK法人委託、株式会社TMFのTK氏。そそくさと急に帰っていったのは「こっちは死にかけているんだから、死んだら責任とってくれますか」という言葉に、一番あわてたのだろう。NHK法人委託、株式会社TMF、こういう勘違いした不愉快な勧誘を一体いつまで続けるつもりなのだろう。この文章は本当に投書して、もっと大きな場所に掲げる必要があるかもしれない。

参照ー1  & 参照ー2   知恵袋より

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://someotherdays2.blog8.fc2.com/tb.php/151-af2426ef

«  | HOME |  »

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Bruxelles

Bruxelles

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。