PLANETEに戻る

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤い嵩・彼の国で起きたこと(4)

赤い嵩・彼の国で起きたこと(4) 2004年11月16日 (Tue) 18:12:18

ポルポト追放の立て役者フンセンは元々ポルポト派の地方幹部だった。ポルポトに粛清されそうになり、ベトナムにポルポト派追放の手助けを要請した。当時26歳。シアヌークはベトナムの軍事力を背景にした「カンプチア人民共和国」をベトナムの傀儡政権だと非難した。自分自身、幽閉から開放され、事実ベトナム軍はカンボジア人のための救済軍だったのだが、単純な見方をすれば、侵略軍なのだ。狂気の独裁政権が自国の人民をたとえ国家として存続し得なくなるほど虐殺しても、他の国の軍隊が見るにみかねてその国民を救済しようとしたとしても、やはり領土を侵犯した以上、侵略軍以外の何ものでもない。この微妙な問題を解決するためにこそ、国連軍、多国籍軍の存在意味がある。無法地帯と成り果てた国家に、法と秩序と機能する政治をもたらすために、行動に出る軍隊であって、「やられたらやりかえす」戦闘行為を目的として勝ちに行く軍隊であってはならない。

ベトナム戦争に負けたアメリカは、反ベトナムの立場から、ヘンサムリン政権と戦うポルポト派を支持していた。タイ軍は、クメール・ルージュの伐採した材木や採掘した宝石を安く買う必要上、クメール・ルージュの存命を望んだし、中国は大量の武器販売とポルポトの中国式共産主義喧伝のため、最も近しい親族国家の立場をとり続けた。つまり強力支援国家だった。大虐殺の事実が次第に明らかになりつつあっても、山と積まれた骸骨を前にしても、見て見ぬふりをし続けた多くの国々が、ポルポト派の犯罪を伏せたまま、何年もの間その勢力を延命させた。何より反ソ反ベトナムの感情がカンボジアに注がれ続けた。
国際社会がカンボジアに関して正気を取り戻すのは国際政治が大変動を起こし、冷戦構造が消滅し、共産主義体制が政治的にも経済的にも崩壊したあたりからだ。正義が機能したためではない。国際政治とは、国内政治とは、共に力のバランスの上に立っている。そしてそのバランス(天秤)はpower politicsにより、常に傾いている。

シアヌーク時代のカンボジアは1961年、タイと国交断絶。1963年、南ベトナムと国交断絶。北ベトナム代表部をプノンペンに設置。1965年アメリカと断交。ホーチミン・ルート構築を援助。1969年アメリカがカンボジア爆撃を開始。1970年、親米派ロン・ノルのクーデターによりロン・ノル政権誕生。こうして見ていくと、カンボジア問題の諸悪の中心はポルポト派であることは間違いないとして、そもそもの発芽はベトナム戦争のあおり、であったと言えるかもしれない。否そこまで遡るなら、1946年12月から1954年7月までのインドシナ戦争の検証も不可欠になってくる。

かすかに生き残った人たち、平和の後で生まれた子供たち、日本および世界の国々が受け入れた難民の人たちに、頑張ってもらおう。クメール文化と、Sok達の祖国再建のために。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
サンフランシスコに住んでいるKKがバカンスをチューリッヒで過ごして、帰りに観光をかねてParisにやってきた。昨日はモンマルトル、今日はカルチエ・ラタンを案内する。ちょっと小さな通りに入ってすぐだった。多分KKが先に目に止めた。
前から来るのはSokだった。あらら・・。
「Bruxelles、この前待っていたのに、来なかったじゃないか。姉さん達もがっかりしてたよ」
「あら、Sok、ごめんなさい。急にお腹が痛くなって」
機嫌が悪い。もう誘ってくれないだろう。
「その人、日本人かい?」
「あっ、チューリッヒから来た日本人の友達、KKって言うの。KK,こちらSok、カンボジア人の友達」簡単に紹介する。
別れた後でKKが言った。
「Bruxellesちゃん、あの子セクシーね。存在感がある。あの子達さっき男同士で、肩組んで歩いてたわよね」
「そんなこと全然気づかない」「お友達なの?何処で知りあったの?あの子なにしてるの?」・・・・・・

/////////////////////////////////////

INDOCHINE 「Les 7 jours de Pekin」


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-07

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Bruxelles

Bruxelles

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。