PLANETEに戻る

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メルヘン少年(1)

メルヘン少年(1) 2004年11月19日 (Fri) 17:32:09

向かいの院長夫人の依頼だった。出向いていくとその子はおばあさんに捕まえられて私の前に現れた。ミルクの匂いがする。
「中学2年になったばかりです」
「親戚の中で男の子はこの子だけです。Bruxellesさんに来てもらって先生(院長)が一番喜んではります」
院長は喜んでいるかも知れないけれど、子供本人はまだ逃げようとしている。
「恥ずかしがらんでよろしいがな」おばあさんに叱られている。
子供はキャッキャと笑いながら、まだ逃げようとして部屋の中を走り回っている。小学生にしか見えない小さな子だった。

病院の前で、おばあさんに連れられたその子供に会った。顔に絆創膏を張っている。ー
「友達が来てこの子の部屋を荒らしますねん。お昼のお弁当を取り上げて勝手に食べます。挙句の果てに暴力です。学校にも言いに行きました。学校はな?んにも手を打ちません」
「いじめられてるの?」子供は黙っている。
「今度その友達が来たら、電話してください」
「おばあさんしか居ないと思って、なめてますねん」
「お弁当、取り戻さないとね。手で負けるケンカは足で。ハイキックとローキックと、後ろ回し蹴り、しかもスピードのあるのを正確に覚えること。ボクシングだったら、プロ仕込みの本格的なのを教えてあげる。実際使わなくても、自分の腕力に自信があれば、そしてそれを態度に見せれば、それだけでも相手は怯む。後は。もっと大きくなること。それと、クラス40人中25,26番じゃなくて最低でもトップ3に入ること。それも時間をかけずに、いきなり大変身しましょう」

数式を見てグラフがかけない。グラフを見て数式にできない。一般動詞とBE動詞の区別ができていない。読書習慣もないし、表現力も未開発。しかし得意科目がある、社会。ノートをきっちりとっているのを見て驚いた。フランス革命の流れも、イギリスの議会制度の発達に関して質問しても、口頭説明ができる。

高校になってドラムスクールに通うようになり、家にドラムセットも買った。「そう言えば、私も昔ジョージ大塚ドラムスクールに通っていたことがある」と言ったら、音楽ルームに連れて行かれ、叩いて見せろ、と言われた。ドラムだってケンカと同じ、左右の足を自由に使えば、多少格好はつく。思い切って20数年ぶりに叩いてみる。「わぁー、カッコイイ」と拍手してくれた。冷や汗もの。

ある夜、いきなり家にやって来た。昨日の夜親戚中よってこって、絞られ、泣かされたという。「また何故に?」
理系(彼の場合は医学部)か文系かで大揉めに揉めて、どうしても文系に行きたいといって、皆から大反撃にあったらしい。
「病院を継がなくちゃいけないからねぇ」
「医者になんか、なりたくない」「どうして?」
「人の命を預かる仕事なんて、怖くて自信がない。もし、死にでもしたら・・」

夏休みになっていつものように母方の実家に帰った。そこから写真が送られてきた。写真を見て、初めて気づいた。身長が177cm近くに伸びている。奈良県の川上村、天川村の近くだ。山あり川ありの大自然の中で、長い手足を伸び伸びさせて、夏別荘のような家のバルコニーで笑っている。なんてカッコイイ写真なんだろう。豊島区で心理療法士をしている友達(蓮見さん)に「最近はこんな子が我が家に出入りしています」と書いて送った。
5歳までに父、母を相次いで病気で亡くした。どちらの顔もどんな人かも、よく憶えていないと言う。看護学生の姉と、77歳の祖母の3人暮らし。伯母さん一家の建てたマンションに住んでいる。保護者も保証人も後見人も、院長と院長夫人(伯母)。いくら代理の父母が居ても日常生活のこまごました部分に父や母の愛情ある視線が常に注がれているわけではない。家ではいつもおばあさんに、ブツブツ不満ばかりをぶつけている。

蓮見さんから返事が来た。お話を聞くとあまりにメルヘンティックなので、この少年を「メルヘン少年」と名付けましょう、と。メルヘン少年の写真は、蓮見さんから芦原さんへ、芦原さんからRyookoへと回って、Bruxellesのニセの息子(?)長身のメルヘン少年の存在は私の友人たちの知るところとなった。

///////////////////////////////////

TELEPHONE 「T'AS QU'CES MOTS 」


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Bruxelles

Bruxelles

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。