PLANETEに戻る

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


弟 2004年10月7日 (Thu) 17:02:56

「小さい時は、よくもよくも投げ飛ばしてくれたなぁ」天草がふざけて首を絞めてきた。クックックックッ。今度は反撃、天草に足を掛け肩で押す。天草が壁に頭をゴツン。クックックックックッ。「よくもよくも」今度は取っ組み合い。くすぐり合い。クックックックッ。ふざけて、暴れて、その上笑うから息苦しい。「苦し?い」クックックックックッ。「この野郎、この野郎」「天草やめてー」「降参か。参ったか」「参った参った。苦し?い」相手が手を緩めたスキに、また反撃。・・クックックックックッ。
と、突然「Bちゃん、僕何してるんだろう」
ハッと我に返った顔になって、天草が手を止めた。顔がマジ。演技?
「どうしたの天草?」
「これ、ひょっとして痴漢?僕?」
「何を言うの、急に。どうしたの?」急に笑いが止まる。

「この間一緒に淡路島にツーリングに行った高橋、覚えてるよね」
「ああ、園芸屋の息子でしょう?」
「あいつがね『おまえあの女の人、一人でいる所に、いつも、一人で遊びに行くのか』」って。「昔からね」
「『俺やったら、よう行かんわ。いくら親戚でも、くらくらっと、変な気になるやろ』」って。
「何でー?」
「Bちゃん、男ってそういうところ、あるんだ。ふっと振り向いて、そこに男がいるのと、女がいるのとでは、気持ちが全然違う。どんなブスでも、どんなバーサンでも、ホッとする」
「そうなの。ふーん」
「そして男って、触り始めたら止まらなくなる」
「相手がBちゃんでも?性的対象に見えるの?」(天草には今でも自分のことを「Bちゃん」と自分で言っている)

赤ちゃんの時、カーテンの下で,風にカーテンが揺れる度に、キャッキャ喜んでいた天草。祖母の御葬式の時、喜んで走り回っていた天草。

「Bちゃん、この前僕、雄琴に行った。すごいよー。夜でも近づくと、ネオンでその一帯だけが、煌々と輝いて、そこは昼」
「ラスベガスみたいね」
「僕、石鹸で足滑らして、バランス崩した」
「あっ、泡踊り?」
「それで女の人の上に倒れて、その女の人、腰を浴槽で強く打って、えっらい怒られた」
「クックックックックッ、当然でしょ。腰使えなくなったら大変。なんだか目に浮かぶ。クックックックックッ」

感慨深いものがある。私が一人で病気で寝ているときも,勝手に上がってきた。セキをすると「はい、痰壺」と気をきかせて痰壺を差し出してくれる。熱が出て震えていたら、玉子酒を作ってくれる。蚊に咬まれて血まみれになっていたら、サッとお小遣いで「ムヒ」を買ってきて「はい、Bちゃん、どうぞ」と差し出してくれる。
「ちょっとまとまった原稿料が入った」と言ったら、バイク屋に乗せていってくれたので、私はバイクを買った。信号の見方、オイル交換の仕方、事故注意対策等、教えてもらう。それだけではない。家の前にバイク置きとなる止め板を手作りしてくれた。

「天草、じゃあ、さっきのは、やっぱり確信犯的痴漢ね」
「今度は確信犯的強姦をするぞー」
「天草はBちゃんに免疫が無いのォ?この野郎」「よくもやったなぁー」
クックックックックッ、ハッハッハッハッハッ・・
クックックックックッ、ハッハッハッハッハッ・・
         ・・・・・・・
         ・・・・・・・

この頃、天草の先々の人生に、ねじれや落とし穴があることに、二人とも全く気づかなかった。
大人になって、天草は波乱に満ちた結婚式を3度した。

///////////////////////////////////

「La plus belle pour aller danser アイドルを探せ」
 par Sylvie Vartan
クラスには「アイドルを探せ」派と「夢見る想い」派がいて、私は後者だった。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-11

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Bruxelles

Bruxelles

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。