PLANETEに戻る

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツーショット


ツーショット 2005年4月15日 (Fri) 19:11:39

八幡市の病院に入院していたおよそ180日間に、TTは大喜びしたためか、何故か、120日お見舞いに来てくれた。2番目のCCの90日を大きく上回る。あまり来るので同室の人がある日突然「この人の婚約者なのですか?」とTTに聞いた。TTはギクッとして「まあ、そんな者です」と答えた。TTの面子を立てて私も否定はしなかったが、そんな者でもどんな者でもない。他の見舞い客もたいていTTとは鉢合わせするので、何か特別の人のように誤解していた人は多かった。あらぬことを妄想されても困る。
・・・・・

かなり古い話だ。プラットフォームのベンチに座っていた。そこへ旅行カバンを抱えた男性Aがやってきた。私に背を向け煙草をふかせて電車を待っている。なかなか恰幅がある。そこへ、向かいのプラットフォームから、若い男性Bがニコニコして回りこんで走ってきた。なんだかペコペコしている。「部長、これからご旅行ですか?」、二,三言葉を交わした後、Bはいきなり私とAを交互に見て再びにやけた。僕は部長のお忍び旅行の現場を押さえたぞ!と、勝者の態度で部長に笑いかける。部長は何のことか、なんなんだこの態度はとドギマギしながらも、Bの視線の先の私の方をチラリと見る。部下は私に目礼をして目で部長に言う。「黙ってますよ、部長」部長が目で訴える。「知らない人だよ」部下が追い討ちをかける。「またまた、しらばっくれて」・・・
男性Aと私は、話していたわけでも、寄り添っていたわけでもない。たまたまプラットフォームに二人だけしかいなかっただけだ。私が出て行って弁解するのもおかしい。かといって、私がそっと遠ざかり誤解を解こうとするのも、かえっておかしい。・・

全く知らない人と、たまたま近い空間にいただけでこのように妄想されることが世の中にはある。部長と部下は二人してこちらを眺め、小声で少し言い争って、その後男性Bは、部長にたしなめられて、真っ赤に恥をかいて「失敗した」という文字を背中に貼り付けて、退散していった。
たとえどんな人であろうと、誰かを通して、誰かと関連付けて自分を見られるのは、とても嫌だ。ツーショットでセットで見られ関係を憶測されることを、うれしいと思う人などいないと思う。少なくとも私はとても嫌だ。吹聴されたりしたら、さらに嫌だ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  「Tu n'en reviendras pas」 Marianne Oswald

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Bruxelles

Bruxelles

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。