PLANETEに戻る

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お酒と煙草

お酒と煙草 2005年4月20日 (Wed) 18:17:57

いつから禁煙したんだろう。7年位前からか。禁煙には何回も失敗して、もう無理だと半ば諦めていた。もともと意志薄弱である。

まだ吸いはじめの頃、セブンスターを一気に一箱すって卒倒したことがある。クラクラと意識不明になる。一過性の脳梗塞に近い。頭の指令が身体のどこにも届かなくなる。ヨダレを流して崩れ落ちた。

コンスタントに吸い始めたのは20才を過ぎてから。ジャズ喫茶に通うようになってからだ。女の子の主流はショートホウプ。”短い希望”を灰にするのだ。マイルスやコルトレーンを聞きながら。ホットミルクを飲みながら。男子学生はセブンスターかハイライト。マイルドセブンはまだなかった。ものは試しだとその後いろいろ吸った。ピースだけは敬遠した。ピースを吸っている女性を見たことはない。”平和”を灰にするのは、似合わない。
インドのホテルで買った煙草はビックリするほど高額だった。インドには本当に”葉っぱ”としか思えない煙草もあった。エジプトで気に入ったのは、黄金色のケイスのCleopatra。これはかなり気に入ってしばらく続けた。味もよかった。
フランス製で有名なのはゴロワーズとジタン。どちらもしかし女性が吸いたい煙草ではない。毎日キオスクで違う種類の煙草を買った。今日は○○、明日は××と銘柄をカセット日記に吹き込んでいた。「一番軽いのは何?」とロジェに聞いたら「ROYAL」じゃないかという返事だったので、最後は「ROYAL」に決めた。吃驚するほど軽い、確かに空気のような煙草だった。
・・・

お酒は定番どおり角とダルマから入った。時にカティーサークでコークハイやハイボールも作って飲んだ。ビールは泡を喰っているようで昔から一貫して好きではない。BruxellesのROSEの店の向かいに住む老夫婦の家に招待されたことがある。大事そうに出してきて封を切ってくれたのはシーバス・リーガルだった。夜のpartyに出るようになってからはスコッチを飲むようになっていた。とはいえ和食だとやはり日本酒も好んだ。・・・
園芸会社で働いていた頃、隣の医学系専門誌の出版社に、Kという男性がいた。父と大学が同期だということはわかったが、直接の知り合いではなかった。「どんな人だったか、友達に聞いてみよう」ということになった。「君のお父さんのこと聞いたよ。黒木に」貿易課でもNO.1の英語使いだったと、褒めてもらえると期待した。ところが「戦争中の若い頃、会社の地下室でエチルアルコールかメチルアルコールかで酒を密造して飲んでたらしいね。おもろいヤツやなあ。あはははは」娘の前で、それはないでしょ!
ある日このK氏に飲み比べをしようと誘われた。いつも発散しているので、飲むとかえってシラフになるクチなので、お酒は好きでもなければ、決して強くもない。お調子の乗りなだけだ。和食の店で食事して徳利を倒していった。10本揃えて寝かせて並べたのは、私のほうが早かった。その時は何故だか全然酔わなかった。
話はそれるがアル中気味の人とか、私のように薬中気味の人は、麻酔が時間前に切れる。私は早々と麻酔が切れて、火箸のように大きな金属の棒が、膝の先から大腿骨の中に金槌でカンカンと打ち付けられる毎に、悲鳴を上げなければならなかった。その後、ブスリと針をさして糸を引っ張って縫合している時も痛さで状況がありありと見えた。あまりの痛さで手術後もブルブルガクガク全身が震え続けた。

アブサンを飲んでいたのは、ほんの一時期で、スコッチやコニャックの後は、バーボンに乗り換えた。バーボンは体質に合ったようだ。憧れはジャック・ダニエル。でもこれも一通り飲んだ。ワイルド・ターキー、アーリー・タイムズ、ジムビーム、I.W.ハーパー、フォア・ローゼスなどなど。でも今から思うと、わざわざ買ってきて家でまで何故飲んでいたのだろうかと思う。外でも家でも飲む機会があまりに多すぎた。おかげで、酒席にも、お酒にもpartyにも、すっかり飽きてしまった。今は、山奥で木々に耳を当てて、樹木と対話している方がよっぽど楽しい。

/////////////////////////////////////
「La guinguette a ferme ses volets 真夜中の居酒屋」par DAMIA
ヴァルス・ミュゼット。これぞシャンソンという曲調と歌詞。歌詞はまるで映画だ。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Bruxelles

Bruxelles

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。