PLANETEに戻る

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月餅

今日はこちらの「月餅」の記述のあるBLOGにTRACKBACKしました。


滞在型の語学学校で、ハイソな中国人のLadiesに日本語を教えたことがある。三人とも実家は香港、ロンドンの大学に留学中。三人とも15歳からイギリスで教育を受けている。中国人と言ったけれど、国籍は一人はアメリカ、一人がイギリス、一人がカナダ、三人とも外国籍を既に取得している。おまけにイギリスでは日本人の個人教授について、日本語も勉強している。夏期休暇中に日本語を学ぶのは、今回が初めてではない。去年は三人でマンションを借りて新宿の日本語学校で夏期集中講座を受講している。三人の中の一人、Nはこの学校に以前3週間滞在したことがある。三人ともパソコンとケータイ持参でやって来た。
パソコンの画面で、今年や去年のバカンスの様子を見せてもらった。ニューヨークやミラノ等に、年に3,4回は家族旅行をしている。
ツンツンお嬢様ではなく、性格もとても素直で、年齢以上に礼儀もわきまえている。ハイソで大変気持ちのよいChinese Ladiesに出会えて、私の中の中国の印象は飛躍的に上昇した。

さらにそれに一役買ったのが、毎回どうぞと、おすそ分けしてくれるお土産の”月餅”だ。食い意地の張っている私にはピッタリ。4分の1個を一回に食べるのだけれど、食べ応えは満点だ。
月餅と言うだけあって、月を愛でながら食べるお菓子らしい。いわれを聞くと七夕と、中秋の名月を一緒にしたような歳時記菓子のようだ。菓子缶にはウサギの絵も見えるが「ウサギが月で餅をつく」と言う話は全く聞いたことがないと言った。

インターネットで”月餅”を検索すると次々色んな月餅が出てくる。Nの持ってきてくれたのは、紛れもない香港の本格派のようだ。私は菓子類はあまり好まないが、もう病みつきになってしまった。中に入っている卵黄は鶏卵ではなくてアヒルの卵を塩漬けにしたものらしい。これが月を象徴し”月餅”と言う名前の由来にもなっている。筆舌に尽くし難い味なのだ。私が菓子類をあまり好まないのは、本来の食事の前に、まがい物をお腹に入れておきたくないからだ。
この”月餅”は違う。月餅を食し、お茶を味わうだけで、まるでフルコースを食べたあとのような満足感を覚えるから、不思議だ。

///////////////////////

Yvonne GEORGE 「Les Cloches De NANTES(ナントの鐘)」

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://someotherdays2.blog8.fc2.com/tb.php/72-ffad6521

«  | HOME |  »

2017-11

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Bruxelles

Bruxelles

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。