PLANETEに戻る

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嵐の前の大学経営

小学生から大学生まで学級崩壊が叫ばれている。そして小学生から大学生まで学力低下が問題になっている。

国家存続にとって教育はもっとも大事なものかも知れない。

図書館でSAPIOを見た。昨年から国立大学の教職員は非公務員になったらしい。そして国立大学も採算性という重荷を背負っているという現状。2007年には数字の上では全員入学、つまり総合定員数と進学希望者数が一致するらしい。いよいよ予備校の息の根もとまりそうなところまで来た。さらにその先、大学の3分の1程度は倒産するだろう。山口の萩国際大学はその一例に過ぎない。

もう30年ほど前から言われてきたが、オーバードクターはどうするのか。近年は就職できないのでマスターやドクターに居残る学生も増えている。ポストがどんどん減少している中で、彼らの未来は先細るばかりだ。10数年まえなら、予備校や塾という受け皿もあったが、今はもうない。企業で研究職に就けるのはごくごく一握りの極めて優秀な理系の学生だけだろう。残った人材に受け皿はあるのか?
・・・・・

緑風さんを紹介したことのある昔からの知り合いのY教授ご夫妻に昨年の夏久々にお会いした。夕食をご馳走になった。
ここは中ノ島のロイヤルホテルに出店している店の直営だ、ということだった。ロイヤルホテルに行かなくても、ここで同じコースを食べられる。ただ、驚くべきは、大阪の国立大学のキャンパス内、がその(ここ)だったことだ。大学側の企業努力の一端を見た思いがした。いっそのことキャンパス内にホテルそのものを誘致するほうが採算はとりやすいのではないか。
レストランは「結構利益を出している」ということだった。
「学生がくるのですか?」
「いや、大学関係者の交流が結構あるので、そういう人たちと、近所の人が外部から、このレストランに食事に来る」とのこと。このようなレストランは、何も(ここ)に限った事ではない。そしてほかには社会人のためのコース、シニアのためのコース、そしてロースクールのような専門化したコースなど、国公立私立を問わず、どんどん企画され実行されている。
教育産業はDOG-EAT-DOG、海外から経営コンサルタントを招いて、これからもっと、生きるか死ぬかの競争が始まることだろう。
受験競争は入る側の競争だったが、今度は受け入れる側の競争が始まる。

20数年前から予備校や塾では、各教室に監視カメラを設置して、教師が生徒の機嫌を損ねるような言動をしないかチェックが入っていた。そしてそれは厳重注意の対象になった。
学生がお客様になり、大学が企業になれば、そこはもう教育の場ではなくなる。
////////////////////////

「Ce n'est rien」par Julien Clerc & Pascal OBISPO

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://someotherdays2.blog8.fc2.com/tb.php/78-76cf5af6

«  | HOME |  »

2017-07

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

Bruxelles

Bruxelles

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。